2017.04.20

日本史を学ぶなら「縄文」からがおススメ~第5回「共同体社会としての日本」

縄文社会と現在の日本を繋いでいるのが集団形成のあり方だと思います。

現在の日本を見ると都市化、西洋式の個人主義がはびこり、最小単位は家庭になりいよいよ縄文的集団性は失われたかに見えますが、わずか70年前、昭和の前半までは農村を中心とした地域社会やその元となった生きる為の単位集団が残っていました。
それは青年会であったり寄り合いであったり、遡れば農村集団が全て自らの集団を自ら運営する自治集団であった事にあります。さらに農村の原型を遡れば鎌倉から室町時代にかけて畿内を中心に発達した惣村という自治組織がありました。
現在でも企業社会ではやはり個を抑えて集団のために力を発揮する集団力は日本人の特性として他国と比べると確実に残っており、他にもスポーツの世界ではチームで争う競技でたびたび驚くような成果を上げています。また、先の東北震災や熊本震災など有事の際にはその集団性、助け合いの精神が一気に表に出てきます。

形はどうあれ我々のDNAの中に縄文由来の集団性、共同体性が消えることなく存在している事はこれらを見ても明らかです。
第5回はこの日本人の共同体性を見て行きます。

 にほんブログ村 歴史ブログへ

続きを読む "日本史を学ぶなら「縄文」からがおススメ~第5回「共同体社会としての日本」"

posted by tanog at : 2017年04月20日 | コメント (0件) | トラックバック (0) List  

2017.04.13

日本史を学ぶなら「縄文」からがおススメ~第4回「自然を肯定視した民」

桜が散るのを見て儚さを感じ、山に威厳を感じ、川や海には命を感じる。
文明が進み都市化が進んだ現在でも尚、地震や噴火、台風の度に文明の無力さを突きつけられる。
aflo_ECHA002612
日本語、海洋民、受け入れ体質、先に3つの縄文由来の日本人の特性を見てきましたが最も重要で根源的な特徴が今回紹介する 「自然を肯定視した民」というテーマです。これは縄文人もそうですが、そもそも人類が洞窟に隠れ住み、ひたすら自然を注視する中で否定ではなく肯定すべき対象として自然を捉えなおし、その果てに精霊という今日の科学技術に繋がる統合観念を生み出した、その状態こそ自然を肯定的に見たことから始まったのです。

ところが、弓矢を発明し洞窟を出た人類は外的である動物と対等に闘えるようになっただけでなく、動物を家畜として飼いならし、科学技術の発見、発展と共に万能観を得てやがて恐ろしい自然であっても克服、支配できるものとして対象化していきます。それが多神教から一神教への転換、「自然が神」から「人が神」になり、「神が自然を従属させる」という奢った観念が登場する。それが西洋キリスト教社会の始まりでもあり、砂漠の中で登場したイスラム教の登場につながるのです。

一方で、豊かな自然に恵まれていた縄文社会は人類本来の精霊信仰がそのまま延長し、アニムズム、多神教、自然観を育み、激しい略奪に合わなかった島国ゆえの影響もあり、現在に至るまでその自然観は私達の“こころ”に存在しているのです。自然を否定し、コントロールするか、肯定し、畏れ敬い感謝するか、人類は5000年前にその岐路に到り、辺境の少数民族と日本人だけが自然を100%肯定視している民族として現在も残っているのです。

では、なぜ残ったのでしょうか?

 にほんブログ村 歴史ブログへ

続きを読む "日本史を学ぶなら「縄文」からがおススメ~第4回「自然を肯定視した民」"

posted by tanog at : 2017年04月13日 | コメント (0件) | トラックバック (0) List  

2017.04.06

日本史を学ぶなら「縄文」からがおススメ~第3回 舶来志向と工夫思考

縄文が現在の日本人まで貫通している~その事を最も象徴しているのが海外から流れてくる物資、技術、言葉をそのまま受け入れる舶来信仰と、受け入れた後すぐさま自らのものに変えてしまう工夫思考です。漢字文化からひらがなの発明、明治以降の西欧化から衣食住に到るまでの和洋折衷文化の発明など、外から中へ、そして日本風への流れは現在まで続いている日本人の本質です。真似文化、オリジナリティーがないなどとかつては自虐的に語られることもありましたが、この受け入れ(舶来)志向、工夫思考こそ縄文体質の延長にあるのです。

それでは過去2回と同様にるいネットと当ブログの記事から投稿文を紹介していきます。

 にほんブログ村 歴史ブログへ

続きを読む "日本史を学ぶなら「縄文」からがおススメ~第3回 舶来志向と工夫思考"

posted by tanog at : 2017年04月06日 | コメント (0件) | トラックバック (0) List  

2017.03.30

日本史を学ぶなら「縄文」からがおススメ~第2回「海洋民としての縄文」

2回は海洋民としての縄文を見ていきたいと思います。

 縄文時代は日本海という温暖な海流が入り込んで大陸と切り離されたことによって始まります。降雨による豊かな水資源、それによる広葉樹域の広がり、採集食料の拡大、さらには暖流によって運ばれた大量の水産資源がありました。縄文時代の始まりにはこの海の存在が密接に絡んでいます。
参考⇒「日本人の起源」を識る~1.日本海の形成によって始まる縄文文化

縄文人といえば採取狩猟民としてイメージされる事が多いでしょうが、その本流は漁労民、海洋民にあるのではないかと思っています。というのも他地域と異なる最大の縄文人の特性は非常に広域な黒曜石、ヒスイ等の贈与ネットワークの存在と既に縄文時代に拡大した共通言語=日本語の存在です。縄文早期には釣針がつかわれ、網の技術も中期には開発されています。また東日本で見られたサケマス漁は縄文人の複数の共同体を巻き込んだ組織性、共同性、その後の祭りの文化を創出しました。大量の貝塚、縄文中期から始まる製塩技術など海と共に縄文文化は存在してきたのです。
当然穀物も必要だったので海と山の中間に居を構え、海の幸、山の幸を季節、場所に応じて採取したのでしょう。そういう意味では豊かな食資源を生み出したのは海洋民としての縄文の方だったに違いありません。

もう一つの根拠が、縄文人はどこから来たのかという事で、朝鮮半島、シベリア、中国江南地方、縄文時代の早期から彼らは丸木舟に乗って漂着しています。日本列島に辿り着いたという事は裏返せば海を渡りきる技術を有しており、漂着した時に既に海洋民だったと考えれば合点がいくと思います。
☆この海洋民としての縄文人はその後どのように展開していったのでしょうか?

 にほんブログ村 歴史ブログへ

続きを読む "日本史を学ぶなら「縄文」からがおススメ~第2回「海洋民としての縄文」"

posted by tanog at : 2017年03月30日 | コメント (1件) | トラックバック (0) List  

2017.03.23

日本史を学ぶなら「縄文」からがおススメ~第1回

歴史を学びたいという人が近年増えてきています。自らの生きている日本をもっと深く知りなおしたい、日本史を古来から学びなおしたい、先行きが不透明になる現在だからこそ沸き起こる未知への希求かもしれません。

ただ、歴史を学びなおす時に往々にして弥生時代から始める方が多いようです。
教科書にも巷の歴史書でも日本の通史は確かに弥生時代辺りから始まります。それ以前は史実がないからで、敢えて分類すれば考古学になってしまうからかもしれません。しかし弥生時代以降はたかが2300年、それ以前の縄文時代は10000年間あります。時間の長さだけでなく、戦争の歴史がなく、高度な共同体社会を既に作り上げていた縄文時代に日本人の基層があるのではないでしょうか。

 にほんブログ村 歴史ブログへ

続きを読む "日本史を学ぶなら「縄文」からがおススメ~第1回"

posted by tanog at : 2017年03月23日 | コメント (0件) | トラックバック (0) List  

2017.01.01

機は熟した。動きだせ、日本人!

今、世界が胎動している~2017年は日本人がいよいよ動き出す時、機は熟したのではないかと思います。
一昨年の年始記事に「立ち上がれ日本人!」というテーマで書かれたものがあります。
リンク
昨年はその頃を考えると大きな変化が起きています。イギリスのEU離脱、アメリカではトランプが立ち、金貸し勢力が没落、プーチンが世界の中心に立とうとしています。そんな中、日本人は2020年東京五輪という時勢はあるものの、経済低迷、人々の意識は2年前に比べ決して高揚した状況にはありません。2017年、沈黙を破り、世界に先駆けて日本人が動き出す時ではないかと期待しています。
年始の今回の特集では昨年のるいネットから珠玉の日本人にまつわる記事を結集し、今年1年を期する投稿としたいと思います。全部読むには少し長いですが正月の余裕のある時間を使って気になる投稿を探してみてください。

m117.gif2016年るいネットで最も使われた言葉が“追求”の時代
その先駆けとなった投稿から紹介したい。

 にほんブログ村 歴史ブログへ

続きを読む "機は熟した。動きだせ、日本人!"

posted by tanog at : 2017年01月01日 | コメント (1件) | トラックバック (0) List  

2016.12.31

織田信長の真実

旧来の秩序を壊し、戦国乱世を切り拓いた「破壊者」――。日本史上、最も有名な男と言っても過言ではない織田信長に対して、多くの人がそのような人物像を思い浮かべることでしょう。

しかし近年、そんな従来のイメージに囚われない、「新たな信長像」が提議されています。新史料の発見、あるいは史料の解釈の変化によって、これまで常識として語られてきた「通説」が改められることは、歴史研究ではしばしばあります。

今回はそんな織田信長に関して見直されている史観と謎をいくつか紹介したいと思います。

 にほんブログ村 歴史ブログへ

続きを読む "織田信長の真実"

posted by katsuragi at : 2016年12月31日 | コメント (0件) | トラックバック (0) List  

2016.10.20

日本人は元来“陽気”な人々だった

電車の中向かいに座っている人々の顔を見ると、みんな疲れている、なんだか心が暗そう。
逆に旅行客の西洋人は快活に話している。対照的。日本人は暗いのだろうか?
確かに、経済も社会も、会社も学校も決して楽しいとは言えません。

しかし、日本人とは元来、陽気な民族なのです。今から150年前その姿は全く逆でした。

楽しく生きるとは何か?
「陽気」(万物が今まさに生まれ出で、活動しようとする気)をもって、自分の心を支配できる人物
無能 唱元著 「小さなサトリ ミニ・エンライトメントが人生を変える」から抜粋。

江戸時代の庶民を時の外交官が驚きを持って綴った文章があります。
るいネット外国から見た江戸時代以前の日本の姿1~「逝きし世の面影」 渡辺京二著より引用~

m147.gifm147.gifm147.gifm147.gifm146.gifm147.gifm146.gifm147.gifm147.gifm147.gifm147.gifm147.gifm147.gifm146.gifm147.gifm146.gifm147.gifm147.gifm147.gifm147.gifm147.gifm147.gifm146.gifm147.gifm146.gifm147.gifm147.gif

20130201095018_1 11070020799


■第二章 陽気な人びと 
―――――――――――――――――
●ボーヴォワル
この民族は笑い上戸で心の底まで陽気である。

●ルドルフ・リンダウ(スイス通商調査団の団長)
日本人ほど愉快に成りやすい人種はほとんどあるまい。良いにせよ、悪いにせよ、どんな冗談でも笑いこける。そして子供のように、笑い始めたとなると、理由もなく笑い続けるのである。

●A・ベルク(オイレンブルク使節団報告書の著者)
彼らは、話し合うときには冗談と笑いが興を添える。日本人は生まれつきそういう気質があるのである。

●リンダウ
いつも農婦達の素晴らしい歓迎を受けたことを決して忘れないであろう。火を求めて農家の玄関先に立ち寄ると、直ちに男の子か女の子があわてて火鉢を持ってきてくれるのであった。
私が家の中に入るやいなや、父親は私に腰掛けるように勧め、母親は丁寧に挨拶をしてお茶を出してくれる。・・・最も大胆な者は私の服の生地を素手で触り、ちっちゃな女の子がたまたま私の髪の毛に触って、笑いながら同時に恥ずかしそうに、逃げ出して行くこともあった。
いくつかの金属製のボタンを与えると・・・『大変有難う』と、皆揃って何度も繰り返してお礼を言う。そして跪いて、可愛い頭を下げて優しく微笑むのであったが、社会の下の階層の中でそんな態度に出会って、まったく驚いた次第である。
私が遠ざかっていくと、道の外れまで見送ってくれて、ほとんど見えなくなってもまだ、
『さようなら、またみょうにち』と私に叫んでいる、あの友情の籠もった声が聞こえるのであった。

●ジョン・R・ブラック(『ヤング・ジャパン』著者)
彼らの無邪気、素直な親切、むき出しだが不快ではない好奇心、自分で楽しんだり、人を楽しませようとする愉快な意志は、われわれを気持ちよくした。
一方婦人の美しい作法や陽気さには魅力があった。
さらに、通りがかりに休もうとする外国人はほとんど例外なく歓待され、『おはよう』という気持ちのよい挨拶を受けた。この挨拶は道で会う人、野良で働く人、あるいは村民からたえず受けるものだった。

m147.gifm147.gifm147.gifm147.gifm146.gifm147.gifm146.gifm147.gifm147.gifm147.gifm147.gifm147.gifm147.gifm146.gifm147.gifm146.gifm147.gifm147.gifm147.gifm147.gifm147.gifm147.gifm146.gifm147.gifm146.gifm147.gifm147.gif

「陽気」を大辞泉で見てみます。
よう‐き【陽気】
[名・形動] 気候。時候。「春らしい―になる」 万物生成の根本となる二気の一。万物が今まさに生まれ出て、活動しようとする気。陽の気。⇔陰気。 気分。雰囲気などがはればれしていること。にぎやかで明 るいこと。また、そのさま。

この万物が今まさに生まれ出で、活動しようとする気を持って、自らの心を支配するということは、途轍もなく大きな天地の力をお借りして人生を切り開いて行くということなのだろうか?
忠さんの徒然草より紹介

caption title-img-season-spring日本人は自然の力、人と人の共認充足の力を得て、心で触れあい、感謝する事で自然と明るく陽気に生きる術や、活力を得ていたのだと思います。毎日人と会い、まっさらな気分で挨拶をし、心を通わす。他愛もないそうした事が子供も大人も女も男も大切にし、きっと生命力=陽気さを作り上げてきたのでしょう。
自然が豊かで、共同体が温存されていた江戸時代の日本人の楽しく生きる力は、これから私たちが様々な新しい外圧の中で難解な課題に取り組み社会を作り上げていく上で持っておきたい心のありようだと思います。

ずっと繋がりたい~江戸時代の子供達のこんな仕草が心に響いてきます。
>私が遠ざかっていくと、道の外れまで見送ってくれて、ほとんど見えなくなってもまだ、
『さようなら、またみょうにち』と私に叫んでいる、あの友情の籠もった声が聞こえるのであった。
32-2-067

 にほんブログ村 歴史ブログへ

続きを読む "日本人は元来“陽気”な人々だった"

posted by tanog at : 2016年10月20日 | コメント (2件) | トラックバック (0) List  

2016.10.06

諏訪と縄文第2話~出雲族とは何か?

第2回は諏訪を語る上で触れておきたい存在で出雲族の話である。
出雲族と言えば出雲に集まっていた古代人と捉える向きがあるが、実際には中国の夏王朝の時代に黒竜江から日本列島に流れ着いた製鉄技術の民の一派、総称である。

出雲族は樺太―小樽―日本海側を経て最終は出雲に辿り着いた。もう一方の流れが諏訪にあった。従って諏訪の出雲族は出雲から来たのではなく、出雲と同時期(3000年前頃)に日本で拠点を築いた製鉄部族なのである。まだ弥生時代が始まる前である。

第2回はこの出雲族の事を書いた随筆を紹介してみたい(出典はなかったが、おそらく梅原猛氏の文章だと思われる)
出雲族は諏訪土着の縄文人と神社を作る事で融和し、御柱祭りを催す事で縄文ー弥生部落の結集を成した。おそらく、渡来人が日本で定着し縄文人と融合していったというくだり、決して簡単な事ではなかったという事を慮る。彼らは融和しなければ生きていけないという切実な状況にあった。

m282.gif出雲族
縄文と弥生のはじめての接触という歴史的役割をはたしたのは出雲族であった。西村真次博士の著書「大和時代」によれば、出雲族は黒竜江あたりのツングース(女真族)で、BC1800〜1000 年頃、船で日本海を南下して、樺太―小樽―陸奥―出羽さらに出雲に進出したという。そして出雲の地が良質な砂鉄が取れる為、ここに大きな王朝を作ったとある。

当時の縄文人は、森に近い乾燥した高台に住み、その土地では合理的といえる竪穴式住居に住んでいたが、一方の出雲族は、木造の高床式の住居文化を持っていた。この高床式は湿気の多い平地でも作ることができ、変化に富む住宅形式であった。一言で言って、日本の縄文人たちとは異質のより高い文明をもっていた。

この出雲族が日本大陸で出会ったのが、武力争いとは無縁の、平和な交流しか知らない縄文人たちであった。この集団が日本列島に入ってきたとき、どのように縄文人たちと接したのだろうか。その舞台はまず、新潟から北陸、そして諏訪でおきた。
b-izumoseiryokuzu

出雲族の勢力範囲

 m282.gif出雲族はどのように諏訪に定着していったか~諏訪大社は誰が作ったのか?
さてこれほどの縄文銀座であっても、諏訪湖周辺に注目すれば、諏訪湖湖畔には遺跡は発見されていないのだ。縄文遺跡はすべて水面から 800mより上に存在しているという調査結果がある。水位が変化しても土地が浸水しないところでないと竪穴住居はできないのだ。
この地を代表する4つの諏訪大社も見事にその線上にある。これが縄文由来の神社である証拠でもある。現代の湖畔は高級リゾートで開発され尽くしているが、諏訪湖南東の湖畔にぽつんと遺跡がある。これが数少ない弥生遺跡なのだ。

さてこの地に落ち着いた建御名方命の集団はまず諏訪湖湖畔に耕筰地を開き穀類の栽培を指導した。先に示した湖畔にわずかに残る弥生時代の遺跡だ。縄文人たちはおずおずと800m 下の湖畔に降り立った。ここはアイヌ語で言うサハ(平野)だ。弥生文化の特別な意味を込めて湖畔をサハと呼び、やがてサワ(沢)からスワ(諏訪)と呼ぶようになっていったのではないだろうか。

諏訪の名前を得た出雲族即ち建御名方命の集団は、この地の成功を元に、次々と南下していった。勢力範囲を広げないと生きていけなかったのだ。農耕を初めて、収穫にいたるには何年もかかる。その間は狩猟採取の縄文部落からの貢物で生きていかなければならない。その生産力は低いので、ひろく多くの縄文部落を支配下に収めなければならなかった。各地に見る諏訪神社はその浸透の地域を示すものであろう。takeminakata_1

 m282.gif諏訪大社は出雲族が建てたが、縄文人と一体となって信仰していたのでは。
切りとった4本の巨木を立てて聖地を囲むのは縄文由来の祭りに違いない。三内丸山の 6本柱,チカモリ遺跡 真脇遺跡の列柱は太陽の祭りに関係付けられたが、諏訪の4本の巨木は聖地を聖別した。柱の巨木はここでは杉だ。栗の木のようには長持ちはしない。7年毎に立て替えになる。祭りにするには良いタイミングかもしれない。八ヶ岳の西山麓は縄文遺跡の宝庫だが、ここで御柱の原木が取り出されるまでには多くの準備の神事がある。そしてこれを縄文の各村を通って、諏訪大社まで運ぶのが御柱祭だ。途中の山おろしの勇壮なところだけが有名だが、この全行程で全部落総出で担ぎ送るのが、縄文から現代まで続くお祭りなのだ。最後にこの高さ16m もの巨大な宮柱を綱で引き立てて終わる。

縄文人たちは、自然に出雲族の指導に服しながら、狩猟採取の山麓生活から平野でも農耕生活に移行していった。その過程で諏訪地方の神事もその支配体制に準じていった。最高権威である大祝(おおほうり)という生神は建御名方命の子孫を名乗る諏訪氏が任じ、縄文信仰の神官守矢氏はその配下に置かれた。生神様がいるのは、明治時代までは良かったが、天皇御一人が現人神でおられる明治政策ではゆるされなかった。誇り高い先住の出雲族としては、大祝(おおほうり)の地位家系をそのまま継続したかったが、抵抗むなしく明治の宗教政策に屈し廃止された。

縄文人の子孫は、多分神社の上層部のことはどうでもよかったのではないか、この御柱祭の祭りの熱狂さえ残れば。

 第3回は諏訪で現在でも活躍する人、これまで歴史上活躍した人物を追いかけてみたい。日本人の中の縄文性とは何かに一歩でも近づきたい。

 にほんブログ村 歴史ブログへ

続きを読む "諏訪と縄文第2話~出雲族とは何か?"

posted by tanog at : 2016年10月06日 | コメント (3件) | トラックバック (0) List  

2016.09.29

諏訪と縄文 ~なぜ諏訪が人々を惹きつけるのか

今年の夏に諏訪に行ってきました。たった2日の滞在でした。
出雲と並んでずっと一度は行きたいと思っていた縄文の聖地です。
IMG_6733
諏訪大社 秋宮参道から見た諏訪の山々(私が撮影しました)

戻ってきて何か書こうと考えてきましたが、なかなか出てこない。ただ圧倒されて言葉も出てこなくて私の拙い文章で表現するにはあまりにも巨大な対象だと感じていました。

1ヶ月経った今、諏訪の事も少しネットで調べ、私の体験と併せて諏訪とは何なのか?諏訪から縄文や日本を見ると何が見えてくるか、とんでもないテーマを追求してみたいと思いました。果たして何が書けるか、楽しみにしつつゴールを設定せずに始めてみたいと思います。

m218.gifm218.gifm218.gifm218.gifm218.gifm218.gifm218.gifm218.gifm218.gifm218.gifm218.gifm218.gifm218.gifm218.gifm218.gifm218.gifm218.gifm218.gifm218.gifm218.gifm218.gifm218.gifm218.gifm218.gifm218.gifm218.gifm218.gifm218.gifm218.gifm218.gifm218.gifm218.gifm218.gifm218.gifm218.gifm218.gif

まず諏訪には大きな湖、諏訪湖がありますが、湖の美しさより湖を囲む山の美しさに圧倒されました。
特に諏訪大社上宮から幾重もの山を越えて顔を出す八ヶ岳は何とも言えず神々しい。
なぜ諏訪に縄文人が住みつき、現在までその文化が御柱際として残り続けたか、それは湖というより、この山々にあるように思いました。縄文人は山を神として崇め、山から昇太陽、沈む太陽を命として拝んだのだと思います。
この山から一旦しずんだ諏訪盆地こそ、信州の山を見上げ崇めるに実にすばらしい立地だったのでしょう。_MG_3253_201512s
諏訪湖と八ヶ岳

さらに縄文人は定住しながらも実はかなりの交易範囲を持つ贈与ネットワークを中心とした交易民としての特徴を持っています。諏訪湖は中央構造体の結節点に位置し、縄文時代の広域の黒曜石やヒスイなどの物品が通行する位置にあったと言われています。八ヶ岳山麓から諏訪湖に到る谷にはおそらく縄文メッカと言われるぐらいの中期の縄文集落の遺跡が集中しています。諏訪湖はこれらの造山活動の境界、ひずみとして誕生し、それら山の恩恵、山の影響、エネルギーを深く受けた古来からのパワースポットなのです。
img015
八ヶ岳山麓に集まる縄文遺跡(赤印)こちらより借用しました。

諏訪を今日まで縄文的な聖地として確定させたのは諏訪大社の存在です。この大社は数ある日本の神社の中でも最古と言われており、建立時期もあきらかになっていません。
おそらくは弥生時代前期~中期、紀元前200年~紀元後100年くらいの時期に一番旧い社屋ができていると言われています。大社と言われる神社はおそらく縄文人と弥生人との合作、原点の神社です。諏訪大社は中国から渡来した出雲族が土着の諏訪人と融合し、作り上げた神社と言われています。諏訪大社には4つの神社が諏訪湖を囲むように存在していますが、各神社は御柱4本が神社の4隅に建てられ、杉の柱で囲まれた領域を聖なる地として領域付けられているのです。
d73d121960f63c77a30ed055bfb0525dIMG_6725
諏訪大社の位置           上社前宮(私が撮影)
IMG_6724
上社 前宮の御柱

さらにこの御柱を7年毎に新しい柱に交換する、御柱祭りは現在も活き続けています。
2010年には3人の死者を出しながらも現在も続けられる御柱祭り。
現在でも諏訪に在住の普通の人々が祭りを作り運営している。諏訪の人々は7年に一度のこの祭りの為に生きているというくらい、祭りは人々の生活に入り込み、祭りを中心に多くの民が暮らしているのです。祭りと言えば祇園、ねぶた、天神など大きなものは日本中にたくさんありますが、この縄文由来の祭りが今もほとんど変わらず行われている、そんな地は他にはありません。
img1

現在では毎年8月15日の夜に行われる日本一の規模の花火大会が有名ですがこの花火大会には毎年50万人の人が全国から諏訪に集結し、湖上の花火を堪能するそうです。諏訪の人口の10倍の人々が一夜に集結する、これも一つの祭り場です。
花火もまた諏訪の祭性、縄文性を象徴する行事の一環なのかもしれません
ff40c86231010579

何が諏訪に人々を惹きつけるのか、諏訪が人々に何を与えるのか、まだはっきりした事はわかりませんが、おそらく人智を超えた何かを伝えているのではないかと思います。諏訪大社の造形の迫力はそれらを私達に無言で伝えているのかもしれません。
IMG_6736
下宮 秋宮〈私が撮影しました)

次回からは様々なネットで語られている諏訪の謎、魅力、歴史を紹介していきたいと思います。

 にほんブログ村 歴史ブログへ

続きを読む "諏訪と縄文 ~なぜ諏訪が人々を惹きつけるのか"

posted by tanog at : 2016年09月29日 | コメント (1件) | トラックバック (0) List